トップページ  会社情報 
ごあいさつ 会社概要 沿革
■ごあいさつ
 暮らしを支える食品産業界の礎として、藤崎プラスチックは食品包材及び産業包装資材などの合成樹脂製品の生産・販売を通し、幅広いユーザーのみなさまに数々の製品を提供してまいりました。今後も、卓越した技術力をもとに、高品質・高精度・高耐久など、製品における一層のスペシャリティー化に努めてまいります。さらに、生産面での合理化をはじめ、市場環境や需要構造の変化への対応力を強化し、さらなる企業成長と社会貢献に励んでまいりたいと考えております。
▲戻る
■会社概要
商 号 藤崎プラスチック株式会社
設 立 昭和39年3月17日
所在地 東京都練馬区貫井1丁目24番地4号
資本金 1,500万円
役 員 代表取締役社長 首藤節雄
事業内容 ・合成樹脂製品の製造販売
・各種包材の加工販売
主な株主 ・日軽産業株式会社
・日新商事株式会社
・首藤節雄
・首藤雅弘
取引金融機関 ・東京三菱UFJ銀行 練馬駅前支店
・西京信用金庫 富士見台支店
・東京信用金庫 練馬支店
・東北銀行 都南支店
・日本政策金融公庫 池袋支店
主要取引先 ・日本ポリエチレン株式会社
・ソーダニッカ株式会社
・シマダヤ株式会社
・日新商事株式会社
・共栄製袋株式会社
・王子製袋株式会社
・東京紙業株式会社
・東洋ビニール工業株式会社
・有限会社さいたまパッケージ
・DIC株式会社
・サーモ株式会社
・日本液炭株式会社/td>

▲戻る
■沿 革
1964年 3月 東京都練馬区貫井3丁目に、資本金200万円で設立
1966年 7月 資本金500万円に増資
     11月 東京都練馬区貫井1丁目に用地を取得し、本社工場の建設開始
1967年 3月 本社工場完成、本社現在地に移転
1968年 6月 日本石油化学株式会社、日軽商事株式会社の資本参加を得て、資本金1,500万円に増資
     10月 当社及び首藤敏郎との共同出資により藤喜パック株式会社を設立し、合成樹脂フィルムの印刷加工事業を開始
1969年11月 本社隣接地を購入し、工場を拡張
     12月 ポリプロピレンの加工を開始
1970年 9月 盛岡工場新設
1972年 7月 仙台営業所設置
1992年 3月 盛岡工業団地に工場用地(5,339m2)を購入
     4月 仙台営業所を現在地、泉区に移転
    10月 盛岡新工場完成
2001年 5月 本社工場一部立体倉庫設置
2002年11月 盛岡工場を増築し、本社工場設備を全て合併、東京は本社として存続(営業、業務、総務、財務)
2011年4月 仙台営業所を泉区内に移転
2014年10月 ポリプロピレンの加工を中止
2015年7月 仙台営業所を廃止し盛岡営業所を新設

▲戻る
Copyright(c) FUJISAKI PLASTIC CO.,LTD. All rights reserved
藤崎プラスチック株式会社
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-24-4
Tel:03-3998-3515 Fax:03-3998-3521